269 特定非営利活動法人 ながさきハンディキャプトサポートセンター

理事長 松島 和仁氏
理事長 松島 和仁氏
所在地 長崎市宝町1番18-701号
理事長 松島 和仁
電話 050-3440-1346
FAX 050-3440-1346
Email

npo_nhsc@yahoo.co.jp

HP

http://nponhsc.web.fc2.com

facebook

http://www.facebook.com/

kazuhito.matsushima 


概要

活動開始

NPO法人認可 平成18年10月3日

役員

理事長、副理事長2名、理事1名、監事1名 計5名

常勤職員

1名(理事長兼務)

会員

正会員 15名(入会金1,000円

年会費 個人2,000円、団体5,000円)
目的

ハンディの有無にかかわらず、積極的に地域社会との関わりをもち、地域の中で生活してみたいという人々の生活支援の交流の場を持つことと同時に、福祉・生活情報の提供、相談業務、イベントの企画・実施を通じて、地域福祉の向上に寄与することを目的とする。(定款 第3条 要約)

活動内容

1 福祉・生活に関する相談、支援、調整等の事業

2 自立生活及び住環境等の生活に対しての支援事業

3 パソコン操作を使った指導、メンテナンス等の情報処理事業

4 パソコン教室「みんなともだち」の会の支援

5 福祉用具等の情報機器に関する意思伝達のコミュニケーション及びテクニカルエイド操作の補助支援事業

6 情報処理システムの構築と提案、IT環境に関しての支援 ほか


2

経緯

経過

理事長が、Media Works、福祉工房かずかずわーくすという自営業の会社の傍ら、もりまちハートセンターのパソコン教室「みんなともだち」という会で、パソコン指導をおこなっていた。しかし、自営業等では、活動の範囲に制限を伴ったり、福祉的課題がある事に気づいたことから、仲間数人に呼びかけて平成18年10月にNPO法人を立ち上げた。


事業

概要

1 福祉相談事業

 福祉に関する電話相談を随時受け付けており、相談内容は、情報処理に関することが主になっている。県や市の福祉制度に関することが多い。例えば、指一本でパソコンを操作するにはどうしたらいいかなど。

2 福祉情報支援セミナー

 毎月第1木曜日と第4土曜日に、もりまちハートセンターでセミナーを実施している。前者は主に意思伝達、コミュニケーションに関する研修会、後者は生活の中から福祉的課題を解決していくためのセミナー。いずれも講師を呼んでの講演のあとは、意見の交流のため、参加者同士のデイスカッションを行っている。参加者は1回につき10~50人程度で、参加費に年間費制などを設け、誰でも参加できるよう工夫している。

3 その他啓発事業

 長崎県難病相談・支援センターで意思伝達支援用具の展示、当センター監修のもとNHK長崎放送局と共同でコミュニケーション支援ボードの設置などを行っている。


今後

展望

福祉情報支援セミナーの広報を積極的に行い、ハンディを持った方をはじめ、いろんな人たちに参加していただくなど、一層充実させていきたい。


行政

との

協働

 なし


企業等

との

連携

平成18年にNHK長崎放送局との協働で、周辺のAEDやトイレの位置を示すコミュニケーションボードを作成し、現在もNHK長崎放送局の受付に設置してある。

 福祉情報支援セミナーでの講演記録などをDVDに収め、長崎市立図書館に貸出して閲覧してもらっている。

 長崎県難病相談・支援センターでは、当法人が作成した意思伝達のコミュニケーションボードを展示してもらっている。


2013年3月 現在