330 特定非営利活動法人 ピンクリボンながさき

所在地 佐世保市鹿町町下歌ヶ浦8番地38
理事長 内海 文子
電話 0957-47-8595
FAX 0957-47-8595
Email  
HP

 http://pinkribbon-nagasaki.jp/

facebook  

概要

活動開始

2005年に活動開始、2007年にNPO法人として設立

役員

 

常勤職員
会員  80名
目的 1人でも多くの人に乳がん検診のことを知っていただき、乳がんの早期発見する
活動内容

地域において啓蒙講演会、イベント(ピンクリボンフェスタ)、ホームページ、新聞(ピンクリボン便り)など


2

経緯

経過

シーボルト大学看護教授で、全国ではピンクリボン活動が盛んになりその当時長崎ではピンクリボンの活動をしている団体がなかった。長崎県ではマンモグラフィーの受診率が3%と少ないのに予防活動をしているところがなく、女性のガンは若い人がなるのに、ガンはお年寄りの病気と勘違いされている。このような状況で地域の方々に乳がんの第二次予防、乳がん検診の啓蒙活動、推進を進める目的に活動し、2007年にNPO法人として設立しました。

 


事業

概要

ピンクリボンフェスタの開催 

直近の活動として2012年9月23日 平戸において開催し、講演会、コンサート、マンモグラフィー無料検診、など長崎県、平戸市、ピンクリボンひらどAIAIなど協力をいただき開催しました。県内各地域で開催し7回目となります。

ピンクリボンながさき便りの発行 

昨年より会員の皆さまの新聞を出してほしいという要望があり、8月、12月、4月と年3回の乳がんに関することだけでなく、がんの情報など幅広く情報発信するとともに活動状況、乳がん患者との交流などを掲載

 


今後

展望

 今、長崎県はがんの死亡率全国でワースト10に入っている。長崎県で50%以下にしよう!

長崎県からがんになる人はいてもがんで死亡する人を減らす、早期発見することで現在がんは直らない病気ではない。最終的に検診率を70%を目標にしていきたい

 

 


行政

との

協働

【協働先】

長崎県、市町村

【事業の概要】

ピンクリボンフェスタ 現在7回開催している

 

 

 


企業等

との

連携

イベントの際、後援として医師会やメディアとも連携している。


2013年3月 現在