411 特定非営利活動法人 プラスドリーム

久保田千加代 理事長
久保田千加代 理事長
所在地 長崎市界2丁目4番20号
理事長 久保田 千加代
電話 080-3994-7555
FAX
Email

plus-dream2009@softbank.ne.jp

HP

http://ohanashiland-plusdream.com

facebook

概要

活動開始

平成20710

役員

6

常勤職員 0
会員 15名(年会費:24,000円)
目的

親子で一緒に共感できる機会をつくり、親子間のコミュニケーションをとること。また、音楽や舞台を鑑賞する習慣を促し、子どもたちの感性を育てることを目的とする。

活動内容

「おはなしらんど」というタイトルで、語りと音楽から想像する舞台演出を行い、日本で初めてジャンルのない舞台芸術を行っている。

・「おはなしらんど」公演の開催

・地元保育園、幼稚園、小学校等からの依頼公演

・想像力を豊かにするなど、心の育成としてワークショップの開催

・音や言葉を使って想像したことから絵本を作る

・親子で参加することでコミュニケーションを豊かにする

2

経緯

経過

親が子どもの成長を見守る生活の中から、子どもたちの創造・想像力を楽しみながら伸ばす事ができないか。親である大人の方々にも、もう一度子どもの頃に感じていた事を思い出し、目の前の子どもたちとの絆を再度確認できる機会作りができないか、という思いに駆られ20086月任意団体「オフィスドリーム」として活動を開始する。その後、より広く活動の場を広げる為に20097月にはNPO法人として再出発し、名称を「プラスドリーム」と改称して現在に至る。音楽朗読劇「おはなしらんど」。現在までに長崎県内外合わせて21公演を実施した。

 


事業

概要

1)音楽朗読劇「おはなしらんど」の実施。3歳から入場可能で親子で楽しめる朗読劇を実施。言葉と音楽のみで表現し、受け取る側の想像の世界で物語が進行するオリジナルプログラムとなっている。また、公演にはプロの演奏家を招き幼児期から上質な音に触れられる場にもなっている。

2)プログラムの中に母親に向けたメッセージが込められた作品を入れることで、子育てにおいての共感、悩みを解決するきっかけづくりをしている。

3)参加型プログラムの実施。セリフや絵を描いて自分だけのオリジナルの絵本をつくる。ランダムに選んだものを実際ステージで朗読するなど。

4)公募でのオーディションで選ばれた子どもたちが、専門家による指導を受けることができる。「おはなしらんど」のステージで共演する。


今後

展望

病気や障害を持った方たちは病院に行ったりセラピーを受けることができ、必要に応じて福祉サービス等を受けることができる。しかし、健康な人でも子育ての不安、対人関係の不安など当たり前と思われる心の不安を抱えている人は多い。そういった人たちは、本・映画・音楽・仲間等を利用して自分の心に向き合い、自己解決しながら生活している。そういった自己解決、自己気づきの方法の一つとして、誰もが共感できるようなお話を題材とした公演を実施していく。

県内の産婦人科のロビー、子育てに関する指導者養成校、九州、全国各地での公演活動の継続。


行政

との

協働

現時点での協働事業はない。

 

 

 


企業等

との

連携

現在企業との連携はない。

 


2013年3月 現在