62 特定非営利活動法人 長崎県治水砂防ボランティア協会

所在地 大村市富の原1丁目1566番1
理事長 瓜生 宣憲
電話 0957-56-9800
FAX 0957-56-9801
Email

natsva@kzh.hilobe.ne.jp

HP

 

facebook  

概要

活動開始

平成8年 任意団体として活動、平成148月にNPO法人として設立

役員

理事長 瓜生宣憲

副理事 河相成吾 森下信行

理事  相川致治 田村耕 井上豊 近藤稜紀 

    釜崎孝貴 

監事  小垣信夫 池田実

 

常勤職員  
会員 全国 約780名  
目的

洪水や土砂災害等の自然災害から県民の生命や財産を守るため、これらにかかわる活動を行い、県民の福祉に寄与すること

活動内容

安全なまちづくりについての啓発及び推進に関する事業

洪水や土砂災害等の自然災害に関する情報収集と提供に関する事業

洪水や土砂災害等の自然災害の被災者などへの支援に関する事業

洪水や土砂災害等の自然災害に対する技術力の向上に関する事業

河川・砂防・ダム等公共施設の巡視点検に関する事業

2

経緯

経過

任意団体として平成8年に長崎県砂防ボランティア協会として活動を開始した。当時は全国で土砂災害が頻発に起こり、長崎県内で危険な場所を市民に伝え、防災意識を高めるために活動をした。長崎県の支援、助言を得て特定非営利活動法人として法人化。現在に至る


事業

概要

県からの委託業務がほとんどで危険個所の調査、点検、ダムの維持管理などや地域住民の方々に対する説明を行っている。

年間5~6千万円の収入で活動している。

土砂災害防止月間では、街頭キャンペーンを行っている。


今後

展望

現在の活動を強固なものにしていきたい。県で手がつかない作業を民間に頼らざるを得ない時などに協力・お手伝いをしていきたい。

 

 

 

 


行政

との

協働

なし

 

 

 

 

 


企業等

との

連携

なし

 


2013年3月 現在